AutoCADのライセンス一覧!価格と機能を解説

CADソフトウェアの中でも人気の高いAutoCAD。「AutoCADを使用したいけれど、事前にどのようなライセンスがあるか知りたい」という人もいるのではないでしょうか?そこでこの記事では、AutoCADのライセンス一覧、および価格についてご紹介します。合わせて、各ライセンス別の機能やライセンスのおすすめ診断についても解説していきます。

AutoCADとは

AutoCADとは、アメリカのオートデスク社が開発したコンピューター支援設計(CAD)ソフトウェアです。AutoCADは、建築や機械設計、電気回路図作成など、幅広い分野で活用されています。

AutoCADは、2Dおよび3Dの設計・製図作業に対応し、高度な図面やモデル作成をすることが可能です。直感的に使用できるインターフェイスと豊富にそろった機能が特徴で、設計者のアイデアを正確かつ精密に表現することができます。また、日本で生産されているIJCAD(アイジェイキャド)など、他のCADソフトとの互換性も高いです。そのため、データのやり取りや共同作業がスムーズに進めることができます

カスタマイズ性の高さもAutoCADの特徴です。独自のコマンドやスクリプトを作成すれば、効率的な作業フローを構築することができます。さらに、プラグインやアドオンを追加したら、一つの分野に特化した機能を拡張することも可能です。

AutoCADの販売形式

AutoCADの販売形式は、サブスクリプションです。サブスクリプションとは、定期的な支払いを行い商品をレンタルするという販売システムのことをいいます。ちなみにAutoCADは、以前までソフトウェアを買い上げる「永久ライセンス」というシステムを導入していました。当時は買い切りという購入方法が一般的でしたが、サブスクリプション契約が広がるに従いAutoCADでも導入する運びとなったのです。

AutoCADのライセンス一覧

AutoCADは、AutoCADAutoCAD Plus2種類があります。ライセンスの契約期間によっても価格は異なるので、分かりやすく一覧としてお伝えします。

AutoCADライセンス

AutoCADライセンスは、契約期間が1ヶ月の場合8,800円、1年契約は71,500円、3年契約の場合は214,500円です。

AutoCAD Plusライセンス

AutoCAD Plusライセンスの価格は、1ヶ月契約で28,600円、1年契約は231,000円、3年契約では658,900円です。

AutoCADライセンスは割引される?

AutoCADは契約期間が長くなればなるほど割引率がアップします。そのため、AutoCADを長期間使う予定であれば3年契約を選ぶと良いでしょう。ちなみに、AutoCADライセンスを3年契約した場合、1カ月契約を継続した場合よりも102,372円お得です。AutoCAD Plusライセンスの場合、3年契約を行えば、1ヶ月契約を継続した時よりも370,700円安くなります。

また、AutoCAD30日間無料で使えるお試しサービスを提供しています。「事前にどのような機能が搭載しているかチェックしたい」、「操作方法を確認してから契約したい」という場合には無料お試しサービスを利用しましょう。

無料サービスを利用する方法は、まずAutoCADの公式ホームページにアクセスし、画面をスクロールしてください。すると、画面右上部に「無償体験のダウンロード」と表示されるので、クリックしたら完了です。

AutoCADの各ライセンス別の機能

AutoCADはライセンスによって機能が異なります。基本的な機能を搭載しているのがAutoCADで、プラント設計や3Dマッピングなどの機能がプラスされているのがAutoCAD Plusです。「効率性を重視した設計を行いたい」という人には、AutoCAD Plusをおすすめします。

AutoCADの機能

AutoCADの機能には、DWGファイルに直接フィードバックできるトレース機能があります。トレース機能を使うと、図面の修正やコメントを追加する際にも便利です。

AutoCADは、管理された図面のコピーをチームメンバーなどにその場で送信できる共有機能も搭載しています。共有機能を使うと受信者はどこからでも図面にアクセスできるため、「スムーズに共同作業を進めたい」という場合に便利です。また、「カウント」というコマンドを使えば、ブロックジオメトリの個数を自動的に計算することができます。カウントは、図面内の要素の数を簡単に把握したい場合にも役立つ機能です。

その他には、ソリッド、サーフェス、メッシュモデリングツールを使ってリアルな3Dモデルを作成できる機能、CAD図面シートをPDFファイル形式に変換してAutoCADから直接Autodesk Docsにアップロードできる機能、同じAutoCAD上で作図ウィンドウを並べて表示できる機能、オートデスクのクラウドや主要なクラウドストレージプロバイダのサービスを利用してAutoCADDWGファイルにアクセスできる機能などがあります。

また、ActiveXVBSAutoLispなどのプログラミング言語を使用して図面やデータベースを制御することもできます。「図面履歴」機能を使うと、図面を表示した際に、以前のバージョンと最新バージョンを比較して修正箇所を確認することも可能です。

AutoCAD Plusの機能

AutoCAD Plusは、AutoCADの機能以外にも建築製図、ドキュメント、集計表に対応する機能、作図作業の自動化に対応する機能、電気制御システムおよびドキュメントの作成ができる設計機能、CADデータにGISデータ(GISトポロジ)を付加させた3Dマッピング機能、製造業向けの機械設計の作成、修正、ドキュメント作成に利用できる機能などがあります。

その他には、AutoCAD環境でMEPビルディングシステムの作図、設計、ドキュメント作成を行える機能、P&IDの作成・モデルへの統合をサポートする機能、ラスターイメージからDWGオブジェクトへの変換をサポートする機能もあります。

AutoCADライセンスのおすすめ診断

AutoCADライセンスは一体どのような人におすすめなのでしょうか?そこで今からはライセンスごとにおすすめの業種・職業をご紹介します。

AutoCADライセンスのおすすめ業種・職業

AutoCADライセンスがおすすめなのは、建築家や建築関係者です。AutoCADはプロジェクトの図面作成やデザインに必要な機能が豊富にそろっているので、建築製図や建築設計に携わる業種の人に適しています。

AutoCADライセンスは、機械設計関連の職業に従事している人におすすめです。AutoCADには機械設計に特化したMechanicalツールセットという機能が搭載されているので、機械設計技術士にも適したソフトといえるでしょう。

AutoCADライセンスは、電気や制御系のエンジニアにも最適です。電気制御システムの設計や修正、ドキュメント作成が簡単にできるElectricalツールセットが搭載されているため、電気系の図面作成や配線図の作成を行う場合にはとても便利です。その他には、MEPビルディングシステムの設計を行うメカニカルや電気、配管のエンジニアなども挙げられます。

AutoCAD Plusライセンスのおすすめ業種・職業

AutoCAD Plusライセンスは、空間情報コンサルタントや地図調製業などの仕事をしている人におすすめです。AutoCAD Plusライセンスは地理情報システム・GIS ポロジをAutoCADにプラスすることができるので、設計図に位置情報を加えたい職業の人に適したソフトといえるでしょう。

大型機械の設計士もAutoCAD Plusライセンスがおすすめです。AutoCAD Plus3Dプラント設計機能を搭載しているので、大型プラントの設計・計画からスタートし設計図を作る業種に適しています。具体的には、ゴミ焼却プラントや化学プラント、水処理プラントなどの工業設備を設計する際に便利な機能です。

AutoCADはライセンスや利用期間によって価格が異なる

AutoCADはサブスクリプション形態で販売しているソフトです。そのため、利用期間によって価格は異なります。また、契約するライセンスによっても価格は違うので、事前に機能や利用期間を考えた上で契約するようにしましょう。