高機能3D CAD・CAM・CAEソフト | Autodesk Fusion 360

無料相談 Tel. 050-3852-0326

Autodesk Fusion 360 Autodesk Fusion 360 Autodesk Fusion 360 Autodesk Fusion 360 Autodesk Fusion 360 Autodesk Fusion 360

Autodesk Fusion 360

価格一覧

3DCAD/3DCAM/CAEを導入するためにかかる多額の「イニシャルコスト」や、
3DCAD/3DCAM/CAEを利用するためにかかっていた無駄な「ランニングコスト」を削減することで、
御社の生産性向上のお手伝いをいたします。

Fusion 360は、デザインから製造までの全工程を行うことができる、
オールインワンパッケージの「3D CAD・CAM・CAE」ソフトウェアです。

CAE(解析)

ポケット加工ツールパスのイメージ
詳細を見る

レンダリング

ポケット加工ツールパスのイメージ
詳細を見る

データ管理

ポケット加工ツールパスのイメージ
詳細を見る

3DCAD機能詳細 

設計者に求められる設計要件を全て満たす3Dデータ作成機能を搭載

Fusion 360では、ソリッドモデル、サーフェスモデル、T-Splineモデル、メッシュモデルに対応しています。
また、モデリング履歴(フィーチャ)が残るパラメトリックモデリング機能と、履歴のないデータに対しての修正機能も備わっており、急な設計変更にも柔軟に対応できます。

ソリッド、サーフェス、ポリゴン、メッシュ

パラメトリックモデリング

3Dモデルと図面をリンクさせることで設計変更によるミスを大幅削減

2次元図面

Fusion 360は、作成した3Dモデルから、簡単に2次元図面を作成することができます。
さらに、設計変更があった場合など3Dモデルを変更するだけで2次元図面を更新することができ、図面を一から作成する必要がないため無駄な手戻りがなく設計変更にも対応できます。

また、作成した図面はPDFやDXF、DWGといったファイル形式で保存することができます。

図面作成の機能一覧
● 寸法・寸法記号  ● 断面図   ● 拡大図    ● 部品表  ● 部品記号
● 引き出しテキスト ● 幾何交差  ● 面の指示記号 ● バルーン ● 中心線
● データムID

部品同士の干渉チェックや、機構シミュレーション機能も標準装備

Fusion 360は、個別に作成した部品モデルを組み立てる「ボトムアップ設計」と、一つのファイル内で部品モデルを作成しながら設計する「トップダウン設計」どちらにも対応しています。
また、組み立てた部品を拡散分解し組み立てアニメーションを作成したり、ジョイント機能を利用した機構シミュレーションや部品同士の干渉チェックを行うことができます。

アセンブリ機能

干渉チェック

他のCADで作成した3Dデータの修正や、製品データを基に治具設計も可能

Fusion 360には、よく使われている中間ファイル形式に加え、他社製品の3D CAD(CATIA、NX、Creo、Inventor、SOLIDWORKS、Rhinoceros等)で作成したファイルをインポートする機能が標準で搭載されています。
また、パラメトリックモデリングに加えダイレクトモデリングもできるため、インポートした3Dモデルを簡単に修正することができます。

インポート可能なファイル形式

  • Alias (.wire)
  • AutoCAD DWG ファイル (.dwg)
  • Autodesk Inventor ファイル (.iam .ipt)
  • CATIA V5 ファイル (.CATProduct .CATPart)
  • DXF ファイル (.dxf)
  • FBX ファイル (.fbx)
  • IGES ファイル (.ige .iges .igs)
  • NX ファイル (.prt)
  • OBJ ファイル (.obj)
  • Parasolid バイナリファイル (.x_b)
  • Parasolid テキストファイル (.x_t)
  • Pro/ENGINEERおよびCreo Parametric ファイル (.asm .prt)
  • Pro/ENGINEER Granite ファイル (.g)
  • Pro/ENGINEER Neutral ファイル (.neu)
  • Rhino ファイル (.3dm)
  • SAT/SMT ファイル (.sab .sat .smb .smt)
  • SolidWorks ファイル (.prt .asm .sldprt .sldasm)
  • STEP ファイル (.ste .step .stp)
  • STL ファイル (.stl)
  • SketchUp ファイル (.skp)
  • エクスポート可能なファイル形式

  • AutoCAD DWG ファイル (.dwg)
  • Autodesk Inventor ファイル (.ipt)
  • DXF ファイル (.dxf)
  • FBX ファイル (.fbx)
  • IGES ファイル (.igs)
  • OBJ ファイル (.obj)
  • SAT/SMT ファイル (.sat .smt)
  • STEP ファイル (.step)
  • STL ファイル (.stl)
  • SketchUp ファイル (.skp)
  • Fusion 360は設計業務で必要となるファイル形式にほとんど対応しているため、取引先とのデータの受け渡しもスムーズに行えます。

    3DCAM機能詳細 

    従来のCAD/CAMのワークフローを根底から改善

    Fusion 360には、CAD機能で作成した3Dモデルを加工するためのツールパスを作成するCAM機能が備わっています。
    加工用のツールパスをFusion 360で作成することで設計から加工までのフローを統一し、データを外部に書き出すことなく加工データを作成することができます。
    また、3Dモデルを修正すると、作成したツールパスが再計算されるため、急な設計変更にも短時間で対応することができます。

    作成できるツールパスは2軸、3軸、穴加工、旋盤加工です。
    さらに、加工材を基に切削領域を自動で認識するため無駄なツールパスを省き、加工時間の短縮を実現します。
    また、工具やフォルダの干渉チェックがCAM上で行えるためドライランの時間を短縮できます。

    3DCAM

    加工コマンド一覧

    2軸加工 ・2D 負荷制御加工 ・2D ポケット加工 ・面加工 ・2D 輪郭加工 ・スロット加工 ・トレース加工 ・ねじ切り加工 ・ボア加工 ・円形加工 ・掘り込み加工 ・2D 面取り加工
    3軸加工 ・負荷制御加工 ・ポケット除去加工 ・走査線加工 ・等高線加工 ・ランプ加工 ・平坦部加工 ・ペンシル加工 ・スキャロップ加工 ・渦巻き加工 ・放射状加工 ・モーフィングスパイラル加工 ・投影加工
    穴加工 ・ドリル加工
    旋盤加工 ・旋盤輪郭加工 ・旋盤溝切り加工 ・旋盤フェイシング加工 ・旋盤単一溝切り加工 ・旋盤面取り加工 ・旋盤切り落とし加工 ・旋盤ねじ切り加工 ・旋盤ストック移動加工

    機械疲労や工具摩耗を軽減し、最高品質の加工を実現

    Fusion 360のCAM機能は、HSMWorksやInventorh HSM™で実績のあるCAMカーネルを使用しています。それにより、工具の負荷を考慮し、より負荷が少なく、より早い加工を実現し、材料によっては荒取りの加工時間を従来の4 倍以上短縮し、工具の寿命を最大10倍延長します。

    負荷制御加工

    CAE機能詳細 

    簡単な設定とわかりやすい解析結果の表示で、製品設計をサポート

    Fusion 360は、静的応力解析、モード周波数解析、熱解析、熱応力解析といったシミュレーション機能を備えています。
    アダプティブ有限要素法により、自動的に最適なメッシュが作成されるため、解析初心者の方でも安心して簡単に使用することができます

    設計の段階で事前に解析検証することで、どの部分に応力がかかりすぎているかなどを分析し設計変更することで、製造ミスを減らすことができます。

    解析機能

    解析結果

    レンダリング機能詳細 

    非常に優れたレンダリング機能により、モックアップ前の可視化を実現

    Fusion360には、非常に優れたレンダリング機能が標準で搭載されているため、デザインのチェックからプロトタイプの可視化、営業ツールに使用する画像の作成など簡単な操作で行うことができます。
    さらに、時間がかかる処理はクラウドコンピューティングを利用することで、PCのスペックを気にすることなくレンダリングの時間を短縮することができます。

    レンダリング機能

    データ管理機能詳細 

    世界初のクラウド技術を活用した3D CAD/3D CAM/CAEシステム

    Fusion 360は、クラウドを介してデータをやり取りすることで、同じプロジェクトに関わるチームメンバー内でデザインの同時編集や共有が簡単にできます。
    さらに、セーブ毎のバージョン管理による過去のデータの読み込みにも対応しています。

    様々なデバイスに対応しリアルタイムコラボレーションを実現

    Fusion 360で作成した3Dモデルは、Fusion 360がインストールされていないパソコンでも閲覧可能なため、チームやクライアントとのデザイン確認をスムーズに行うことができます。
    さらに、Fusion 360のアプリを利用してスマホやタブレットからも3Dモデルを閲覧することが可能です。

    データ管理

    優れたコンバーターで多くのファイル形式がインポート可能!

    インポート可能なファイル形式

  • Alias (.wire)
  • AutoCAD DWG ファイル (.dwg)
  • Autodesk Inventor ファイル (.iam .ipt)
  • CATIA V5 ファイル (.CATProduct .CATPart)
  • DXF ファイル (.dxf)
  • FBX ファイル (.fbx)
  • IGES ファイル (.ige .iges .igs)
  • NX ファイル (.prt)
  • OBJ ファイル (.obj)
  • Parasolid バイナリファイル (.x_b)
  • Parasolid テキストファイル (.x_t)
  • Pro/ENGINEERおよびCreo Parametric ファイル (.asm .prt)
  • Pro/ENGINEER Granite ファイル (.g)
  • Pro/ENGINEER Neutral ファイル (.neu)
  • Rhino ファイル (.3dm)
  • SAT/SMT ファイル (.sab .sat .smb .smt)
  • SolidWorks ファイル (.prt .asm .sldprt .sldasm)
  • STEP ファイル (.ste .step .stp)
  • STL ファイル (.stl)
  • SketchUp ファイル (.skp)
  • エクスポート可能なファイル形式

  • AutoCAD DWG ファイル (.dwg)
  • Autodesk Inventor ファイル (.ipt)
  • DXF ファイル (.dxf)
  • FBX ファイル (.fbx)
  • IGES ファイル (.igs)
  • OBJ ファイル (.obj)
  • SAT/SMT ファイル (.sat .smt)
  • STEP ファイル (.step)
  • STL ファイル (.stl)
  • SketchUp ファイル (.skp)
  • Fusion 360は設計業務で必要となるファイル形式にほとんど対応しているため、取引先とのデータの受け渡しもスムーズに行えます。

    教育・サポートサービス 

    Fusion 360の導入から立ち上げまでを徹底サポート

    Fusion 360の導入を予定されているお客様は、併せてビズロードのサービスのお申し込みいただくことをお勧めしております。

    新しいソフトウェアの導入や移行にはリスクが伴います。
    習得期間中の一時的なキャパシティの低下、既存システムとの連携、得意先や協力会社との協業など。
    これらの発生し得るリスクを最小限に留め、システムを短期間で立上げ、円滑に軌道に乗せていただけるよう、AUTODESK社公認の「Expert Elite」であるビズロードのスタッフが迅速な立ち上げを支援いたします。

    素早い業務の立ち上げに是非ご活用ください。

    • 教育トレーニング
    • 年間サポートサービス

    ■ Fusion 360 CADセミナー

    Fusion 360を導入後、一日でも早く業務でご利用いただけるよう、基礎的なモデル作成に必要なコマンドを習得、応用的な3次元モデルやアセンブリ作成、データ修正、図面作成、解析機能(CAE)など実務で必要なコマンドのオペレーションを理解して頂くためのセミナーです。

    日数 3日間(10:00-17:30)
    料金 お一人さまにつき:150,000円(税別、教材費含む)
    会場 ● 東京会場:東京都千代田区麹町4-5-20 KSビル 8F
     ・東京メトロ有楽町線「麹町駅」徒歩3分
     ・JR「四ツ谷駅」徒歩8分
     ・東京メトロ半蔵門線「半蔵門駅」徒歩8分
    ● 新潟会場:新潟県三条市桜木町桜木町12-38
     ・信越本線「三条駅」より車で約8分
    持ち物 特になし(筆記用具程度)
    最小開催人数 3名
    ※ 開催の5日前までに最小開催人数に満たない場合は、日程を変更させていただくことがございます。
    日程とお申し込み 開催日程はお申込みページよりご確認ください。
    ▶︎ お申込みページはこちら

    CADセミナーの内容

    1日目(10:00-17:30) 2日目(10:00-17:30) 3日目(10:00-17:30)
    ● セミナー内容の説明
    ● Fusion360の基礎知識
    ● Fusion360の基本設定
    ● スケッチからのモデリング
    ● パラメトリックモデリング
    ● 履歴を利用した編集
    ● パラメータの使い方
    ● スケッチの拘束課題
    ● 文字の装飾
    ● データの管理・共有方法
    ● 材質の設定とレンダリング
    ● 質疑応答(希望者のみ)
    ● ボトムアップ設計とトップダウン設計
    ● 隣接部品のモデリング
    ● サーフェスモデリング
    ● アドインの使い方
    ● 3Dモデルからの2次元図面作成
    ● 部品表の作成
    ● コンポーネントの設計変更と図面連動
    ● アセンブリの作成 組み立て課題
    ● アニメーションの作成
    ● 解析課題
    ● 質疑応答(希望者のみ)
    ● サーフェスモデリング 応用
    ● スカルプトモードとTスプラインモデリング
    ● DXFからのモデリング
    ● 履歴を利用した編集 応用
    ● 履歴の無いデータの編集
    ● IGESデータの修正・ソリッド化
    ● 質疑応答(希望者のみ)

    ■ Fusion 360 CAMセミナー

    Fusion 360 CAMを使用した2軸・3軸・穴加工ツールパスの作成方法、工具の登録方法、NCデータの出力方法などFusion360を実務で使えるようオペレーションを理解していただくためのセミナーです。

    日数 2日間(10:00-17:30)
    料金 お一人さまにつき:100,000円(税別、教材費含む)
    会場 ● 東京会場:東京都千代田区麹町4-5-20 KSビル 8F
     ・東京メトロ有楽町線「麹町駅」徒歩3分
     ・JR「四ツ谷駅」徒歩8分
     ・東京メトロ半蔵門線「半蔵門駅」徒歩8分
    ● 新潟会場:新潟県三条市桜木町桜木町12-38
     ・信越本線「三条駅」より車で約8分
    持ち物 特になし(筆記用具程度)
    最小開催人数 3名
    ※ 開催の5日前までに最小開催人数に満たない場合は、日程を変更させていただくことがございます。
    日程とお申し込み 開催日程はお申込みページよりご確認ください。
    ▶︎ お申込みページはこちら

    CAMセミナーの内容

    1日目(10:00-17:30) 2日目(10:00-17:30)
    ● ツールパスの作成前準備
    ● 穴/2軸加工ツールパスの作成
    ● ツールパスの編集
    ● シミュレーション
    ● NCデータ作成
    ● 加工指示書
    ● 工具の登録と削除
    ● 切削条件設定
    ● 線や点を利用したツールパスの作成
    ● 質疑応答(希望者のみ)
    ● 多面加工
    ● 多数個取り
    ● ツールパスのテンプレート化
    ● 負荷制御
    ● 荒取り / 再荒取り
    ● 等高線
    ● 走査線
    ● 角度制御
    ● スキャロップ
    ● ペンシル
    ● 仕上げ
    ● 取り残し ● ダミー面の作成
    ● 3軸加工コマンド
    ● 質疑応答(希望者のみ)

    ■ 講師紹介

    濱谷 健史
    3DCAD・CAMベンダーで製造業向けにコンサルティングの経験を積んだ後、メーカーで新規事業の立ち上げに従事する。
    メーカーで勤めていた際に3DCADを利用した機構設計や、マシニングを使った製品加工をしていた経験を活かし、現在は法人向けに3DCAD・CAMの立ち上げ支援やコンサルティングを行っている。

    高橋 秀行
    3次元CAD/CAMのコンサルタントとして全国の製造業に向け効果的な運用を行っていただくためのコンサルティングを実施。また、新潟工科専門学校で商品開発工学科の非常勤講師として学生に3DCADソフトウェアの使い方を教えながら、「3次元CAD利用技術者試験」取得するための講義を行い、平成24年度の試験では学生の83%が合格となる。

    ■ 年間サポートサービス

    Fusion360の使い方や疑問点を、電話、メール、リモートサポートで解決するサービスです。
    また、ソフトに関する各種案内をお知らせします。

    お客様からの以下のお問合せに対応します。
    ● 操作方法やコマンド(機能)の有効な使い方
    ● 他のCADシステムとのデータの受け渡しに関するご相談
    ● Fusion 360のより効率的な運用方法のご相談

    ■ 対応時間:10:00~17:00 ※ 土日・祝日及び、弊社が指定する休日は除く  ■ 対応方法:電話、メール、FAX、リモート

    電話サポート
    Fusion 360をご利用中に操作や設定方法が分からないときなど、電話ですぐのご相談いただけます。

    リモートサポート
    お客様やサポートスタッフのパソコン画面を共有し状況を確認しながらサーポートすることで迅速に原因究明と問題解決いたします。

    年間CADサポートサービス

     ● 金額:年間 120,000円/人  ● サポート対象:CAD機能

    年間CAD/CAMサポートサービス

     ● 金額:年間 170,000円/人  ● サポート対象:CAD・CAM機能

    年間CAD/CAEサポートサービス

     ● 金額:年間 170,000円/人  ● サポート対象:CAD・CAE機能

    年間CAD/CAM/CAEサポートサービス

     ● 金額:年間 220,000円/人  ● サポート対象:CAD・CAM・CAE機能

    ▶︎ お申込みページはこちら

    サービス導入事例

    ■ 株式会社アイゼン工業(大阪) 導入Fusion360 ライセンス数:1台

    お客様の声
    マシニングを導入して3年、導入時にCADCAMの購入も考えていましたが、マシニングセンター1台だけでは高額なソフトの償却など考えると、とても釣り合いの取れるものではなく諦めの気持ちもありながら対話によるデータ作成を行っていました。3年も使用していると対話での限界を感じるようになってきました。
    そんな時 何気なくインターネットで見つけたのがFusion360でした。デモの申し込みをしたところすぐに当社まで来て頂け解りやすく説明をして頂きました。
    導入を決めて1週間程の講習を受けた翌週からは、Fusion360を使用しはじめてひと月もすると充分使いこなせるようになりました。今まででは動作させれなかったマシンの動き それにスピード 切削工具のもちどれを取っても満足できます。諦めずにソフトを探し続けFusion360を見つけることができて良かったです。

    ■ S社(東京) 導入Fusion360 ライセンス数:2台

    お客様の声
    もともとSolidworksを使ってしていましたが、新人が入るのでFusion 360を2ライセンス導入しました。
    Solidworksとの連携ができるか心配だったので、3Dワークスさんに導入する前に調べてもらい問題なく使えそうだったので導入することにしました。新人2名はCAD経験がなかったので教育を受講させたのですが、受講後すぐに使えるようになっていて助かりました。

    ■ T社(東京) 導入Fusion360 ライセンス数:1台

    お客様の声
    大変お世話になりました。
    3次元のCADを使うのが初めてで、2次元のCADを使っていたのでセミナーについていけないかと思いましたが、丁寧に教えてくださりありがとうございました。

    ■ K社(新潟) 導入Fusion360 ライセンス数:2台

    お客様の声
    3軸のCAMがこの値段で使えるのが驚きでした。
    できなかった加工ができるようになり業務も効率化をはかれております。
    今後は解析機能も使っていく予定なので、その際はまたサポートをよろしくお願いいたします。

    ■ C社(静岡) 導入Fusion360 ライセンス数:1台

    お客様の声
    取引先からきた製品データの修正にFusion 360を使っています。
    最初は本を買って独学で学んでいたのですが、一向に業務で使えるようにならなそうだったのでセミナーを受講しました。
    セミナーはとてもわかりやすく大変助かりました。独学で学ぶのは無謀だったと今ならわかります。
    業務で困った時もサポートがあるから安心しています。

    ※ その他多数実績あり