AutoCADでPDFを読み込む方法!他の拡張子に変更する方法も解説

AutoCADは、建築、エンジニアリング、製造業界で広く使用されている、強力な2Dおよび3D設計ソフトウェアです。
特に、PDFファイルの読み込みと操作は、AutoCADを操作する上で必要な操作です

この記事では初心者の人に向けて、AutoCADでPDFを読み込み、各種拡張子に変更する方法から、注意点までを詳しく解説します。

AutoCADでPDFを読み込む方法

AutoCADでPDFを読み込む方法

AutoCADでPDFを読み込むときは様々な方法があります。
ここでは基本的なPDFの読み込み方法からSHXフォントを読み込む方法まで幅広く紹介します。
AutoCADでPDFファイルを読み込む手順は以下の通りです。

AutoCADでPDFファイルを読み込む手順

  1. AutoCADを開き、[ファイル]メニューをクリックします。
  2. [開く]を選択し、開きたいPDFファイルを探し、選択します。
  3. ファイルタイプとしてPDFが選択されていることを確認し、[開く]をクリックします。

これでPDFファイルがAutoCADに読み込まれ、画面上に表示されます。読み込まれたPDFは、画像データとして表示されるだけでなく、ベクターデータとして認識され、さまざまな操作が可能になります

AutoCADでPDFを図形の情報で読み込む方法

AutoCADでは、PDFをベクター図形として読み込むことが可能です。この機能を使用すると、PDFの各要素(線、テキスト、図形など)を個別に選択し、編集することができます
以下の手順で行います。

  1. AutoCADを開き、PDFファイルを読み込みます。
  2. メニューバーの[挿入]を選択します。
  3. ドロップダウンメニューから[PDFアンダーレイ]を選択します。
  4. ダイアログボックスで、読み込むPDFファイルを選択し、[開く]をクリックします。
  5. PDFが図形データとして読み込まれ、それぞれの要素を個別に選択・編集することができます。

PDFのSHXフォントをAutoCADで読み込む方法

PDFファイルには、様々な種類のフォントが使用されますが、その中にはSHXフォントという、AutoCADで主に使用されるフォントがあります。
PDFにSHXフォントが含まれている場合、AutoCADで正しく認識させるには、次の手順を実行します

  1. AutoCADを開き、[ファイル]メニューから[オプション]を選択します。
  2. [オプション]ダイアログボックスで、[変換の設定]タブをクリックします。
  3. [PDFデータのインポート]セクションで、[SHXテキスト]チェックボックスをオンにします。
  4. [OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。

これにより、PDF内のSHXフォントがAutoCADによって正しく認識され、適切に表示されます。

こちらの動画ではAutoCADで図面をPDF化する方法について解説しております。
実際の作業画面を確認すると理解が深まります。

AutoCADでPDFを各拡張子に変更する方法

AutoCADでPDFを各拡張子に変更する方法

AutoCADでは、読み込んだPDFファイルをAutoCADの各種ファイル形式(DWG、DXFなど)に変換することが可能です
この変換作業を行うことで、AutoCADや他のCADソフトで編集が行えるようになります。下記変換するやり方です。

  1. AutoCADを開き、PDFファイルを読み込みます。
  2. [ファイル]メニューから[名前を付けて保存]を選択します。
  3. 保存ダイアログボックスで、保存形式(ファイルタイプ)のリストから、希望の拡張子(DWG、DXFなど)を選択します。
  4. ファイル名と保存場所を選択し、[保存]をクリックします。
  5. この方法を使って、PDFファイルをDWGやDXFなどのAutoCAD形式に変換することができます。

以下の記事にてAutoCADで利用できる主な拡張子を紹介しておりますのでご参考にしてくださいませ。

AutoCADと互換性のあるソフト6選!AutoCADで利用できる主な拡張子とは

AutoCADでPDFを各拡張子に変更する際の注意点

AutoCADでPDFをDWGやDXFなどの形式に変換する際、いくつかの点に注意する必要があります。以下の4つの注意点を詳しく説明します。

  1. データの種類
  2. フォントとテキストの変換
  3. レイヤー情報の扱い
  4. ライセンスと著作権への配慮

1. データの種類

PDFからDWGやDXFに変換する際に最も大切なのは、元のPDFのデータの種類です。これは、PDFの元データがベクターデータである場合とラスターデータ(ビットマップ)である場合とで、その結果が大きく異なるためです。

ベクターデータの場合

ベクターデータは、数学的な式を用いて描画されるデータで、スケールを変更しても品質が低下しない特性を持っています。このため、ベクターデータから生成されたPDFは、変換後も高い精度を保つことができます。

ラスターデータの場合

対照的に、ラスターデータはピクセルベースのデータで、スケールを変更すると画像がぼやけたり、ピクセル化したりします。
したがって、ラスターデータから作成されたPDFをDWGやDXFに変換すると、その結果は画質が劣化したり、編集が難しくなったりします。

2. フォントとテキストの変換

PDFファイルに含まれるテキストの扱いも注意が必要です。
テキストの情報はフォントに依存しますが、そのフォントがコンピュータにインストールされていない場合や、特定の文字や記号を正確に表現できない場合、テキストは正しく変換されません
これは特に、特殊なテキストスタイルや記号、言語の特殊文字を含むPDFファイルで顕著となります。そのため、会社でAutoCADを扱う時は、変換しやすいように元のPDFデータにいくつかのルールが設けられていることが多いです。

3. レイヤー情報の扱い

PDFファイルには、設計要素を分離するためにレイヤーが使われていることがあります。しかし、PDFからDWGやDXFに変換する際には、このレイヤー情報が必ずしも保持されるわけではありません
変換ツールやソフトウェアがレイヤー情報の保持をサポートしているか否かを事前に確認することが重要です。

4. ライセンスと著作権への配慮

最後に、PDFファイルを変換する前に、その使用が許可されているかどうかを確認することも重要です。
特に、PDFが他の人の著作物である場合、使用が制限されている可能性があります。ライセンスや著作権に違反して使用することは、法的な問題を引き起こす可能性があるため、十分に注意する必要があります。

以下のAutoCAD基礎セミナーでは、カリキュラムの一つにAutoCADのデータ管理や活用(外部参照・DWGファイルのリンク)があります。学んでAutoCADにより詳しくなりたいと考えている方にはセミナーを受講することをおすすめします。

DWG to PDFとAdobe PDFの違いとは?

AutoCADを使用してPDFファイルを読み込むとき、PDFの生成元によって結果が変わることがあります。
特に、AutoCADユーザーがよく遭遇するPDFタイプの違いは、以下2つです。

  1. DWG to PDF
  2. Adobe PDF

これら二つのPDFタイプが何であるか、そしてそれぞれがどのように作用するのかを理解することで、AutoCADでの作業を効率的に行うことができます。

DWG to PDF

DWG to PDFは、AutoCADに内蔵されたPDF出力オプションです
このオプションを使用してPDFを生成すると、作成されたPDFは元のDWGファイルのレイヤー情報を維持します。
これは、AutoCADユーザーにとって非常に有用なPDFの形式で、特定のレイヤーを非表示にしたり、色を変更したりすることが可能になります。

しかし、DWG to PDFで生成されたPDFは、PDFビューワーによっては正しく表示されない場合があります。
また、テキストのスタイルや寸法の表現が原稿と異なる場合もあります。これらの問題は、PDFの互換性や規格への適合性によるもので、特にAdobeのソフトウェアとの互換性が問題で発生することが多いです。

Adobe PDF

Adobe PDFは、PDF作成ソフトウェアを使用して生成されるPDFです
Adobe PDFは業界標準となっており、ほとんどのPDFビューワーソフトウェアで正しく表示されることが期待できます。テキストのスタイルや寸法の表現も、原稿に忠実に再現されます。

しかし、Adobe PDFでは一部の特殊な機能が制限されることがあります。
例えば、AutoCADのDWGファイルからPDFに変換する際には、レイヤー情報が保持されない場合があります。
これは、AutoCADの詳細な設計情報をPDFに反映するためには、特定の制限を行う必要があるためです。

AutoCAD初心者の方やもっと詳しくなりたい方は、以下の記事にて基本操作や便利な機能、練習法について紹介しておりますので、ぜひ参考にしてください。

AutoCADの初心者向け使い方!基本操作のコツも徹底解説

PDFを読み込んでAutoCADを使いこなそう

PDFファイルの読み込みにより、既存の図面を参照したり、背景図や詳細を表示したり、編集や共有を容易に行ったりすることができます
これにより、作業効率が向上し、スムーズなコミュニケーションが可能です。
今回紹介した内容を参考にAutoCADを使いこなし、図面作成の能力を高めてもらえれば幸いです。

このようにAutoCADには様々な機能があります。そんなAutoCADの機能を使いこなすと、業務の効率化に繋がります。
AutoCADの知識を深めたい方にはを以下のようなセミナーを受講することをおすすめします。

最新情報をチェックしよう!