【2024】Blenderのミラーとは?使い方やメリット・コツを紹介

Blenderはプロフェッショナルからアマチュアまで幅広いユーザーに利用されており、その多機能性が高く評価されています。特にミラー機能は、対称的なオブジェクトのモデリングを効率的に行う際に非常に有効です。

Blenderのミラー機能を利用することで、作業時間を短縮しながら精度の高い3Dアニメーションづくりを楽しめるでしょう。

この記事では、ミラー機能の基本から使い方・メリット・上手になるコツまでを丁寧に説明していきます。Blenderでミラー機能を使ってみたい人はぜひ参考にしてください。

Blenderのミラー機能とは

Blenderのミラー機能とは

Blenderのミラー機能は、追加した3Dオブジェクトを対称に複製して、その反対側に同時に同じような形状を作成することができる機能です。Blenderのミラー機能を利用することで、左右対象の形状を自動で作成することができます。

この機能は、特に人物や動物などの左右の対称性が要求されるモデルを作成する際にとても役立ちます。Blenderのミラー機能を使うと、片方の形状を編集するだけで、もう片方にも同じ編集が自動的に適用されるため、作業の効率が大幅に向上しやすくなるでしょう。

対称性があるオブジェクトのみに使用する必要もなく、オブジェクトの修正や変更も可能です。Blenderのミラー機能を利用することで、作業時間が短縮されて、美しい3Dアニメーション作品がつくりやすいでしょう。

まずBlenderの基本知識がわからない方はこちらの記事も参考にしてください。

Blenderの初心者ガイド!操作方法やモデリングの基礎

Blenderのミラー機能を使う手順6ステップ

ここでは、実際にBlenderのミラー機能を使う手順や使い方について詳しく解説します。Blenderのミラー機能を使用すると、モデルの一部を複製して対称形状を効率的に作成することができます。

Blenderのミラー機能を使う手順は次のとおりです。

手順 具体的な内容
1.Blenderを開く Blenderソフトウェアを開きます
2.オブジェクトの選択 ミラーしたいオブジェクトを選択します
3.ミラーモディファイアの追加 ミラーモディファイアを追加します
4.軸の選択 ミラーする軸を選択します
5.ミラーの原点の調整 ミラーの原点の場所を微調整します
6.最終調整 最後にモデリングを最終調整します

この手順を踏めば初心者の人でもミラー機能をマスターできると思うので、ぜひ1つ1つ一緒にやっていきましょう。

1.Blenderを開く

まず、Blenderをダブルクリックして開きますBlenderを開いたあとは、新規プロジェクトを作成するか、既存のプロジェクトファイルを開きます。

新規プロジェクトを開始する場合は、Blenderの起動後に表示されるデフォルトの立方体を使用するか、新たにオブジェクトを追加して作業を開始します。

既存のプロジェクトを利用する場合には、ファイルメニューから「Open」を選択し、編集したいプロジェクトを選びます。

2.オブジェクトの選択

2.オブジェクトの選択

次にプロジェクト内でミラーモディファイアを適用したいオブジェクトを選択します。ミラーモディファイアとは、X軸やY軸を基準に設定した3Dオブジェクトをコピーしてくれるモディファイアです。

これは、3Dビューポート内で目的のオブジェクトをクリックすることで行えます。オブジェクトが選択されると、通常はオレンジ色にハイライト表示されます。

3.ミラーモディファイアの追加

ミラーモディファイアを追加するには、オブジェクトを選択した状態で、「Modifier Properties」パネルにアクセスします。

このパネルは、プロパティシェルフのレンチアイコン(Modifiers)で見つけることができます。ここで「Add Modifier」ボタンをクリックし、表示されるリストから「Mirror」を選択してミラーモディファイアを追加します。

4.軸の選択

4.軸の選択

ミラーモディファイアを追加した後、どの軸に沿ってオブジェクトをミラーするかを選択する必要があります。基本的にミラーの軸は、X軸・Y軸・Z軸から選べます。ミラーの軸は複数選択することも可能です。

軸の選択は、ミラーモディファイアの設定オプション内で「Axis」セクションのチェックボックスを使って行います。多くの場合、X軸がデフォルトで選択されていることが多いですが、モデルの向きに応じて適切な軸を選択してください。

5.ミラーの原点の調整

必要に応じて、ミラーの原点を調整することができます。ミラーの原点は、ミラーモディファイアが参照する中心点であり、この点に基づいてオブジェクトが反対側に複製されます。

原点を調整するには、オブジェクトの「Origin」を「Set Origin」オプションを使用して移動します。これにより、ミラーモディファイアの振る舞いが変わるため、正確な配置が可能になります。

原点の位置が把握できていないと、ミラーが上手くできなかったり、ミラーが適用されなかったりします。

6.最終調整

ある程度ミラーの調整ができたら、モデリング全体の最終調整に移ります。
最終調整ではミラーで作ったモデリングを微妙に修正したり、対称にしすぎて気持ち悪い・不自然な部分を変更していきましょう。

人間や動物のモデリングではミラー機能だけだとロボットっぽくなったり、正気がない作品に出来上がってしまう場合もあるので、少し人間味や生きている感じを加えていきます。

その他にもBlenderの機能を知りたい人はこちらでもBlenderでできることを解説しています。

Blenderにできることは?できないこと、その対処法も解説!

Blenderのミラー機能を使うメリット

Blenderのミラー機能を使用するメリットはたくさんありますが、皆さんがミラー機能を使う理由として一番多いのは作業時間の短縮でしょう。
左右が対称となっているモデルの片側から作成する際、ミラー機能を使えばもう片側は自動で生成されるため、全体のモデリング時間が半分になります。

また、ミラー機能は3Dモデリングの精度を高めるのにも役立ちます。手動で対称にモデリングすると多少のズレが生じる可能性がありますが、ミラー機能を使えば完璧な対称性を保つことができます。

左右対象の綺麗なオブジェクトを作成したいときには、ぜひBlenderのミラー機能を活用しましょう。

Blender基礎セミナーの詳細はこちら

Blenderのミラー機能を上手く使うコツ

Blenderのミラー機能を上手く使うコツ

Blenderのミラー機能を効果的に活用するためのテクニックをさらに詳しく掘り下げていきましょう。

ミラー機能はモデリングの効率を大幅に向上させることができるため、使い方をマスターすると3Dモデリング作業をよりスムーズに、正確に行うことができるようになります。

Blenderのミラー機能を上手く使うコツは次のとおりです。

  • 適切な軸の選択
  • クリッピングオプションの活用
  • 精度を保つための原点調整
  • ミラー機能だけに頼らないようにする

詳しくみていきましょう。

適切な軸の選択

ミラーモディファイアを使用する際に最も重要なのは、どの軸でミラーするかを選択することです。

Blenderでは、X軸・Y軸・Z軸のいずれかでミラーリングを行うことができます。モデルがどのように配置されているかによって、最適なミラー軸は異なります。

例えば、人物モデルの場合は、立っている状態でモデルが配置されているため、縦軸であるZ軸でミラーリングするのが一般的です。

しかし、横に長いオブジェクトや、地面に対して平行に配置されたオブジェクトの場合は、X軸やY軸でミラーすることが効果的です。モデルの向きを確認し、対称性を最も効果的に表現できる軸を選択することが重要です。

クリッピングオプションの活用

ミラーモディファイアのクリッピングオプションは、ミラーリングされたオブジェクトが中心線でピッタリと合うようにする機能です。このオプションを有効にすると、ミラーされたオブジェクトの境界が中心線で自動的に接合され、オブジェクトが中心で分離することなく一体となります。

こちらは特に、人の顔や車体などの対称的なモデルを作成する際に役立ちます。クリッピングを有効にすることで、ミラーされたオブジェクトが中心でズレることなく、スムーズに作業を進めることができます。

精度を保つための原点調整

ミラー機能の中でもミラーモディファイアを使用する際には、モデルの原点がミラーリングの基点となるため、原点の位置が非常に重要です。

原点がモデルの中心からずれていると、ミラーリングした際に予期せぬ位置にオブジェクトが配置されることがあります。ミラーリングを行う前に、オブジェクトの原点を適切な位置に設定することが大切です。

原点を調整するには、「Set Origin」メニューを使用して、原点をオブジェクトのジオメトリセンター、マスセンター、または3Dカーソルの位置に設定することができます。

原点を正確に設定することにより、ミラーリングの精度が向上してよりハイクオリティなモデリングが可能となります。

ミラー機能だけに頼らないようにする

先述した通り、ミラー機能の最後に最終調整することが重要です。ミラー機能だけに頼っていると、ただただ機械的な3Dモデリングになってしまう場合もあります。

アニメーションで動かしたりする場合は尚更この最終調整が大切となってきます。ミラー機能は便利なツールと捉えて、最終的なビジュアルの調整は必ず人の手で行っておきましょう。そうすることで、よりリアルな3Dモデリング・アニメーションを作ることができます。

Blenderのミラー機能についてまとめ

Blenderのミラー機能は、3Dモデリングの効率を大幅に向上させる強力なツールです。この機能を使うことで、対称的なデザインを持つオブジェクトの作成が簡単かつ迅速に行うことが可能です。

ミラー機能は作業時間の節約だけでなく、モデルの精度も向上させることができるので、ミラー機能の使用方法をマスターすることで、Blenderのポテンシャルを最大限に引き出し、よりクリエイティブな作品作りを楽しむことができるでしょう。

Blender基礎セミナーの詳細はこちら

最新情報をチェックしよう!